プロレス界を揺るがした10人の悪党

プロレス界を揺るがした10人の悪党

著 : 永島勝司

定価 : 1,429円(税込)

7net7net

作品内容

プロレスは死んだのか!?プロレスに魅せられた男が目の当たりにしたプロレス界の悪党列伝をここに記す!
アントニオ猪木、中西学、大仁田厚、小川直也、ジャイアント馬場 ほか

01 アントニオ猪木―プロレスと格闘技とビジネスどれが本命かが問題だ
02 中西学―心の弱さと優しさが阻んだ絶対エースへの道
03 大仁田厚―飛び抜けた野心が潰した幻のアントニオ猪木戦
04 小川直也―余人には理解困難なプロレス道を突き進む
05 (株)ユークス―ゲーム感覚キャラクター主義により失ったもの
06 ミスター高橋―あなたの見てきたプロレスってつまんないものなんだね
07 上井文彦―有名な営業マンがマッチメークしたことで生まれた不幸
08 ターザン山本―週刊プロレス40万部の編集長の肩書きは“ダテ”だった?
09 カート・アングル―プロレスをビジネスとして捉えることは賢か愚か
10 ジャイアント馬場―そして橋本真也、なぜ、死んでしまったのか
10+1 永島勝司―無責任に放り出した後進育成の義務

ジャンル:一般書/プロレス
本の発売日:2008/8/25
:永島勝司
ISBN番号:9784775512517
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

【注文書・販促物】

書店様へ

【公式SNS】

Twitter_oaklaA Twitter_minty Twitter_enigma Twitter_aqua Twitter_prism Twitter_ebook Insta_akatsuki

【レーベルサイト】

アクアボーイズ TLコミックス

【出版ラインナップ】

韓流関連雑誌 BUHI 一般書 児童書 アカツキプレス ムック マグノリアブックス マグノリアロマンス エバープリンセス エバーロマンス

【既刊一覧(月別)】

ページ上部へ戻る